Number 1

認定教育者レベル 1 を取得する

認定教育者レベル 1 を取得すると、スキルと専門知識を有していることを証明できます。

テーブルに向かう児童 2 人とやり取りしている金髪の若い女性教師

認定試験を受ける

3 年間有効 schedule180 分 payment$10

Google for Education サービスに習熟していることを実証しましょう。教育者認定について確認し、準備ができたら教育者レベル 1 の試験を受けてください。

認定教育者レベル 1 試験バウチャー

バウチャー コードのプラットフォームをお選びください

以下のサンプルを参考に、お手元のバウチャー コードに該当するコードを選択して、認定試験の登録手続きを進めてください。

Kryterion バウチャーのサンプル
Ayy22y2yzuDWeBBa
  • 16 文字の英数字
  • 大文字と小文字の両方を含む
Kryterion プラットフォームを選択
ProctorU バウチャーのサンプル
54t5earg5y
  • 10 文字の英数字
  • 小文字のみ
ProctorU プラットフォームを選択

登録についてお困りの場合は、よくある質問をご覧ください。

詳細な手順

受験の手順

1

アカウントを作成

Kryterion で受験者プロフィールを設定するか、ログインします。

2

試験を選択する

Kryterion 内で試験に登録します。受けられる試験は、過去の受験実績に基づいて決まります。詳しくは、再試験に関するよくある質問をご覧ください。

3

試験用の認証情報を受け取る

連絡先に admin@myeducert.org を追加します。試験用ドメインの準備が整い次第、このメールアドレスから試験への招待が届きます(最長で 24 時間ほどかかることがあります)。

4

試験を開始する

認定試験プラットフォームに試験用の認証情報でログインします。ここで使用するのは Google Workspace アカウントや個人の Gmail アカウントではなく、末尾が @myeducert.org のメールアドレスですのでご注意ください。

功績を示す

教師として積み重ねてきたスキルと実績を証明しましょう

スキルを証明する

授業で Google のツールを使いこなす能力を証明するとともに、より専門的なスキルを身につけることができます。

影響力を高める

テクノロジーを使って生徒とのかかわりを深め、授業を充実させましょう。

「私はこの仕事が大好きで、もっとスキルを磨きたいと考えています。レベル 1 の認定取得に向けて取り組んだことで自信がつき、授業でどのように Google のツールを利用すればよいかを理解できました。教育者としての行動や視点は間違いなく変わりました。」

Sam Brooks, 個人学習コーディネーター, Cookeville, Tennessee
帽子にマフラー姿でノートパソコンに向かう若い黒人教育者
基礎トレーニング

試験の準備ができているかが不確かな場合は、準備する方法をご覧ください。

レベル 1 認定試験を受けるうえで必須ではありませんが、基礎トレーニング コースを受講してサンプル問題に解答すると、スキルの習得と受験の準備に役立ちます。

すべて展開 すべて折りたたむ
  • ProctorU と Kryterion の違いは何ですか?

    Google 認定教育者の試験では、2 つの登録プラットフォーム(Kryterion と ProctorU)のいずれかを使用します。どちらを使用しても、アクセスする認定試験は同じです。

    初めての受験の場合は、ProctorU(レベル 1 認定試験レベル 2 認定試験)からご登録ください。従来のプラットフォームをご希望の場合は、Kryterion アカウントを作成するか、Kryterion にログインしてください。Kryterion は 2020 年 7 月 1 日まで、バウチャーのない受験者にご利用いただけます。

    バウチャーをすでにお持ちで、どちらのプラットフォームを使用するかわからない場合は、こちらのガイドをご覧ください。

    各プラットフォームへの登録手順は、以下のとおりです。

    ProctorU

    1. アカウントを作成する: ProctorU((レベル 1 認定試験レベル 2 認定試験)で受験者プロフィールを設定します。
    2. 試験を選択する: ProctorU にログインしたら、[Schedule New Session](新しいセッションの日時を設定)をクリックして目的の試験を選択します。
    3. 試験日時を設定する: ご希望の試験日時(その場で受験するオンデマンドまたは別の日時)を選択します。
    4. 試験を開始する: 予定の日時になったら、ProctorU 内で試験を開始します。シークレット ウィンドウを使用する必要はありません。その他ご不明な点については、ProctorU のリソース センターをご参照ください。
    Kryterion
    1. Kryterion アカウントを作成します。過去に Kryterion を使用して試験を受けたことがある場合は、お持ちのアカウントでログインします。
    2. ホームページから、Google 認定教育者レベル 1 または Google 認定教育者レベル 2 のいずれかの試験を選択します。
    3. 試験に登録します。領収書がメールで届きます。
    4. 連絡先に admin@myeducert.org を追加します。試験用ドメインの準備が整い次第、このメールアドレスから試験の招待状が届きます(最長で 24 時間ほどかかることがあります)。
    5. 試験用のログイン認証情報が記載された admin@myeducert.org からのメールを探します。このメールには、試験用のユーザー名とパスワードが記載されています(ユーザー名は [ご自分の Kryterion ID]@myeducert.org の形式です)。
    6. シークレット ウィンドウを使用して、試験用の認証情報([ご自分の Kryterion ID]@myeducert.org)で認定試験にログインし、試験を開始します。ここで使用するのは Google Workspace アカウントや個人の Gmail アカウントではありませんのでご注意ください。

  • 試験に向けてどのような準備をすればよいですか?

    認定教育者レベル 1 とレベル 2 の試験対策として、学習しておく必要のある資料をすべて含む基礎トレーニングと上級トレーニングの 2 つの役立つコースが用意されています。腕試しをご希望でしたら、練習問題を解いて知識をお試しください。

  • Google 認定教育者になるには何をする必要がありますか?

    Google 認定教育者のステータスを取得するには、それぞれレベル 1 またはレベル 2 の試験に合格する必要があります。これらの試験は主に、教室で Google for Education のツールを使用する能力を試す実技式の問題で構成されています。試験には、こちらからご登録いただけます。

  • 認定教育者レベル 1 のバッジはどのように共有できますか?

    この認定を取得した本人は、履歴書、ポートフォリオ、ウェブサイトなどに証明書とバッジを掲示することで、そのステータスを公表することができます。ステータスには、取得したレベル(Google 認定教育者レベル 1)のラベルを必ず付けてください。この認定の有効期間は 36 か月間です。詳細

  • 試験はどのように作成されましたか?

    Google Workspace の認定試験は、有効性、信頼性、妥当性を確保するために国際的に認められたプロセスに則り、次のような段階を踏んで作成されています。

    目標の明確化 - 試験の目標は、Google 内外の専門家からの職務に関するフィードバックに基づいて決定されます。

    目標の構想図 - 各目標は、職務全体に対する重要度に基づいて重み付けされます。問題作成 - 対象分野の専門家が、試験の目標や目標の構想図に基づいて試験問題を作成します。

    技術レビュー - 各試験問題は、技術的な正確さを確保するためにレビューを受けます。Google の社員やパートナー組織の従業員もレビューアとして参加します。

    ベータテスト - 本番の試験と同様の条件下で、候補者が試験問題を解きます。このベータテストで、各問題の正答率を確認します。

    問題の選択と基準点の設定 - ベータテスト中に収集した統計情報に基づいて、問題を本番の試験で使用するかどうかを決定します。最終的な問題が決まったら、専門家のミーティングで試験の合格点を定めます。

    本試験 - 独立したテスト配信プロバイダが試験を配信します。インターネット環境が整い、邪魔の入らない環境であれば、世界中どこでも受験可能です。

サポートチームに問い合わせる

Google 認定教育者レベル 1や試験についてご不明な点がある場合は、サポートチームにお問い合わせください。

試験に関するプライバシーとポリシーを見る

試験の秘密保持契約(NDA)を見る

ご登録いただきありがとうございます。

関心をお持ちの分野について詳しくお聞かせください。