ミシガン大学、G Suite for Education の導入で 19 学部の連携を強化

課題

ミシガン大学の各学部や各大学院は自治的な学術単位として運営されており、それぞれが独立した IT システムを採用していたために無駄が生じていただけでなく、システム間の互換性もありませんでした。そこで、大学の IT チームは IT サービスを合理化し、コラボレーションを促進するメール、カレンダー、ドキュメント用のソリューションを導入することにしました。

「G Suite for Education の導入には本当に助けられました。それまで、学生と教員が同じ情報を共有することは非常に困難だったのです。G Suite ほど機能の充実したツールセットは、これまで見たことがありません。」

Jeff Ringenberg, 電気工学およびコンピュータ サイエンス学部教員

解決策

ミシガン大学がソリューションの移行を検討した当初、IT チームは、大学のドメインに送信されたメールの 40~50% が Gmail に転送されていることを知りました。そこで、教職員と学生を対象とする横断調査を行い、その結果をもとに 2011 年の秋、医学部を除くすべての学部と大学院でメール、カレンダー、ドキュメント用のソリューションとして G Suite for Education を採用することを決定しました。

ご登録いただきありがとうございます。

関心をお持ちの分野について詳しくお聞かせください。