ジョージタウン大学、キャンパス内外でコミュニティを一体化

課題

ジョージタウン大学の IT システムは統一性がなく、改良を必要としていました。カレンダー、メール、ファイルの保管にばらばらの古いツールを使用していることが、会議のスケジュール設定、情報共有、コラボレーションを妨げており、学生や教職員にとってテクノロジーは便利な道具というより、ストレスの原因になっているほどでした。

「以前は、システムを動作させるための作業にすべてのリソースをつぎ込んでいたため、より良い機能を提供する余裕などありませんでしたが、今ではそのような作業は必要なくなりました。」

Marty Johnson, アイデンティティおよびコラボレーション, エンタープライズ サービス ディレクター

解決策

ジョージタウン大学は G Suite for Education を導入することで、古いシステムを廃止し、費用と IT リソースを節約することができました。現在では、学内の誰もがメール、ストレージ、カレンダー、ファイル共有、コラボレーション用の使いやすい統一されたツールセットを利用できるようになっています。また、卒業生も生涯にわたって Google アカウントを使用できるため、大学コミュニティとの交流を維持できるようになりました。

教育機関のプロフィール

ジョージタウン大学は、1789 年に米国初のカトリック系高等教育機関としてワシントン D.C. に創立されました。さまざまなバックグラウンド、信仰、文化を持つ学生と教員が所属しているこの大学では、「Utraque Unum」(2 人で 1 つ)をモットーとし、人々への奉仕に率先して取り組む学生を育成しています。

ご利用のソリューション

ダウンロード

ご登録いただきありがとうございます。

関心をお持ちの分野について詳しくお聞かせください。