ブラウン大学、独自の考えを持つ人が集まるコラボレーション型コミュニティを確立

課題

ブラウン大学には学生と教職員向けの効率的で一貫したコミュニケーション システムがなく、ストレージ容量も、メール アカウントあたり 200 MB という不十分なものでした。そのため、ユーザーは常に受信トレイを整理して、サイズの大きい添付ファイルを削除しなければなりませんでした。また、校内運用型のメールサーバーもアップグレードが必要でしたが、それにはコストがかかります。さらに、アイデアの共有やプロジェクトでの共同作業のために、使いやすい学内共通のコラボレーション手段も必要でした。

「Google の導入前はどのようにコラボレーションしていたのか、今はもう思い出せません。」

Hong Chau, ブラウン大学, 指導計画担当

解決策

ブラウン大学は、メール、コラボレーション ツール、大容量ストレージに加え、セキュリティ保護機能や簡単なトラブル自己診断機能、定期アップデートといった多くのメリットをもたらすシームレスなシステムの G Suite を導入しました。これにより、5 年にわたって年間 80 万ドル以上のコストを削減し、サーバー アップグレード費を数百万ドルも節約できました。さらに、学生は卒業後もメール、カレンダー、ファイルに引き続きアクセスできるため、卒業生どうしの結び付きも強化されました。

教育機関のプロフィール

1764 年にロードアイランド州プロビデンスに設立されたブラウン大学は、米国で 7 番目に長い歴史を持つ高等教育機関で、学生が自分の興味や関心に基づいて自由にカリキュラムを組むことができるオープン カリキュラムという制度で知られています。

ご利用のソリューション

ダウンロード

ご登録いただきありがとうございます。

関心をお持ちの分野について詳しくお聞かせください。