アリゾナ州立大学、2 週間未満で G Suite を導入

課題

アリゾナ州立大学(ASU)の IT 事務局では、スタッフがソフトウェア システムやハードウェア システムの修正、アップグレード、メンテナンスに多くの時間を費やさなくてはならない現状に不満を感じていました。しかも、それらのシステムは大学のニーズを満たすものではなく、迷惑メールフィルタ、ウィルス対策ソフトウェア、ストレージ アップグレードのための支出がかさみ、コストも膨らんでいました。そのため、事務局はまったく新しいシステムにユーザーを移行したいと考えていましたが、大規模な業務中断や高額な費用は避けなければなりません。

「G Suite for Education の導入により、ASU は学生に優れた IT 環境を提供できる、柔軟性に富んだ大学になることができました。」

Kari Barlow, 大学 IT 事務局, 副学長補佐

解決策

メールシステムのハードウェアとソフトウェアの構成について、さまざまな選択肢を検討した ASU は、G Suite for Education(当時の Google Apps for Education)の導入を決めました。そして、2 週間足らずで、シームレスな移行と管理コストの大幅な削減を実現することができました。削減額は、メールシステムだけで年間 35 万ドルを上回っています。また、新しいシステムは安全かつ直感的に使用できるうえ、メンテナンスも簡単であるため、解放された貴重な IT リソースを創造的なテクノロジー プロジェクトに充てることも可能になりました。

教育機関のプロフィール

米国で在籍者数が最多の公立大学であるアリゾナ州立大学(ASU)では、2006 年に 65,000 人の学生を対象に G Suite for Education を導入しました。その際、G Suite の設定と導入、および独自に開発したシングル サインオンとユーザー プロビジョニング システムとの統合を 2 週間足らずで完了させ、その 1 年後には教職員と卒業生を含む残りの関係者も全員 G Suite に移行させています。

ご利用のソリューション

ダウンロード

ご登録いただきありがとうございます。

関心をお持ちの分野について詳しくお聞かせください。