使いやすい Google Meet で、信頼性の高い安全なビデオ会議を

ビデオ会議で授業や保護者面談、専門能力開発セッションなどを実施して、学校コミュニティとつながりましょう。Google Workspace for Education の一部である Meet は、Classroom、スライド、ドキュメント、Gmail などの他のサービスとシームレスに連携します。

ソファに座り、Google Meet の通話に参加している 2 人のユーザー。

簡単な操作

操作が簡単なビデオ会議で交流とコラボレーションを促進

無料エディション

  • どこからでも、どのデバイスでも、簡単な操作だけで会議に参加。プラグインやダウンロードは不要

  • さまざまなオペレーティング システムとデバイスで高品質の動画と音声を実現し、低い帯域幅や薄暗い環境にも対応

  • Classroom などの Google Workspace for Education サービスとシームレスに連携するため、参加と画面共有が簡単

  • 近日提供予定 会議の管理者を複数追加して、クラスのビデオ会議の設定と実施を互いにサポート

有料エディション

  • 会議の録画を Google ドライブに直接保存し、授業に遅れないようにするために生徒と共有(2021 年末までは Education Fundamentals でもご利用いただけます)

  • 会議の主催者に自動送信されるレポートで出欠状況を確認

Google Meet の通話リンクが記された青色のカプセル型の図形が、3D のブラウザ ウィンドウにつながっている。このブラウザ ウィンドウの上に重なっている青、赤、緑、黄色の長方形には人のイラストが描かれており、Google Meet の通話が進行中であることを表している。
中心には破線の円が描かれている。左上のモノクロの長方形には、招かれざる客を表す、トレンチコートと帽子を身に着けた人物が描かれている。この長方形の右上には、アクセス拒否を表す斜線入りの円が付いている。中心の円の右下には、人のイラストが描かれた黄、赤、緑、青の長方形を含むブラウザ ウィンドウがある。各長方形の右上には、アクセス許可を表す青地に白のチェックマークが付いている。

管理

より安全な学習環境で授業を効果的に実施

無料エディション

  • セーフティ ロック機能と匿名参加者の自動ブロック機能で、迷惑なゲストの会議参加を防止

  • 会議から参加者を強制退出、参加リクエストをまとめて管理

  • 全員に対して会議を終了することで、主催者のいない状態でユーザーが通話に再参加する事態を防止

  • チャットや画面共有機能を使用できるユーザーを管理

  • 参加者を個別に、または全員まとめてミュート

  • ドメイン全体に安全性設定を適用し、管理コンソールから学校での Meet の使用状況データを確認

有料エディション

  • 近日提供予定 管理者は調査ツールから直接、組織内のどの会議も終了可能

  • 調査ツールの Meet ログで、セキュリティやプライバシーに関する問題を特定し、優先順位を付けて対処

取り組みの促進

インクルーシブな教育と学習向け機能で生徒の積極的な取り組みを維持

無料エディション

  • 最大 100 人で会議を実施、タイルビューで最大 49 人の参加者を表示

  • さまざまな言語による自動字幕起こしで、よりインクルーシブな授業を実現

  • バーチャルの挙手機能とデジタル ホワイトボードで積極的な参加を促進

有料エディション

  • 一度に最大 250 人が参加可能

  • ブレイクアウト セッションでクラスを少人数のグループに分割

  • 近日提供予定 誰もがクラス活動とコミュニケーションに参加しやすくなるよう、字幕をリアルタイムでさまざまな言語に翻訳

  • 近日提供予定 学校のドメイン外の誰もが参加できる一般公開のライブ ストリームを主催して、教育委員会の会議やイベントなどを容易に実施

Google Meet のブラウザ ウィンドウが、黄、赤、緑色の 3 つの長方形に個別につながっている。各長方形には、人のイラストが描かれた 4 つの円があり、右側の 5 つ目の円には、Google Meet の通話に参加している他のユーザーの数を示すプラス記号と数字が記されている。
青色の盾の中に錠が描かれている。盾の左側には、人のイラストが描かれた赤、青、緑、黄色の円が 12 個ある。盾の右側にはランダムな文字と数字が水の流れのように描かれており、Google Meet が自動的にデータを暗号化する様子を表している。

安全と信頼性

高度なセキュリティ機能、高速性、拡張性、信頼性でコミュニティを保護

  • Google 検索、YouTube、Gmail など、十億単位のユーザーを抱えるサービスにも対応するインフラストラクチャで、需要の高い時間帯でも高品質のビデオ会議を実施

  • 自動暗号化でデータを保護

  • など教育現場の厳格なコンプライアンス基準に対応

  • Meet には広告が一切表示されず、生徒の個人情報が共有されることもない

「スタッフ向けの専門能力開発セッションで Google Meet を利用していますが、それぞれが快適な場所から参加できるので大変好評です。Meet ではセッションの録画も簡単で、教師はリアルタイムで参加できない場合でも、後から録画を見て学習することができます。」

Megan Swope 氏, 技術指導者, ペンズベリー学区
キッチンのテーブルで Google Meet の通話に参加しながら、微笑み合っている 2 人のユーザー。

Google Workspace for Education に含まれる Meet を活用

Meet を教育機関で利用する場合は、Google Workspace for Education へのお申し込みをおすすめします。Meet は Google Workspace for Education の一部の機能であるため、Classroom、ドキュメント、スライド、Gmail などの他のツールとシームレスに連携します。

リソース

教育現場のニーズに応える Meet の各種リソース

使ってみる

Meet の高度な機能で教育効果を向上

Teaching and Learning Upgrade または Education Plus にお申し込みいただくと、Meet のブレイクアウト セッション、ライブ ストリーム、出席状況の確認、Q&A、アンケートなどの高度な機能を利用して、教育と学習がより充実したものになります。

無料で Meet を使いましょう

Google Workspace for Education Fundamentals の機能である Meet で、授業や保護者面談などを実施して、学校コミュニティとつながりましょう。

Google Meet の通話が表示されているタブレットを持つ手がテーブルの上に置かれている。

Meet アプリでいつでもどこでも交流